お金貸してほしいあなたに伝えたいこと

お金貸してほしいと真剣になった時、必死で調べた経験を教えます!!
誰でもお金が必要な大切なイベントがあります。
そのタイミングで資金が足りないからといって、諦めるのも一つの選択肢。
でも、人生で何度かは二度と来ないチャンスがあるのも事実です。

お金貸してほしいあなたに伝えたいこと ≫ お金貸してほしいと願うあなたに伝えらえれること

お金貸してほしいと真剣になった時、必死で調べた経験を教えます!!
誰でもお金が必要な大切なイベントがあります。
そのタイミングで資金が足りないからといって、諦めるのも一つの選択肢。
でも、人生で何度かは二度と来ないチャンスがあるのも事実です。

お金貸してほしいと真剣になった時、必死で調べた経験を教えます!!
誰でもお金が必要な大切なイベントがあります。
そのタイミングで資金が足りないからといって、諦めるのも一つの選択肢。
でも、人生で何度かは二度と来ないチャンスがあるのも事実です。

私は、どうしても目の前のチャンスを逃したくなく、真剣に資金調達の方法を調べて、一番良い方法、条件で借り入れを行いました。
今でも、チャンスを逃さなくてよかった心から言えますし、あなたにも目の前の二度と来ないかもしれないチャンスを逃して欲しくありません。

カードローンを組むにあたり、各社の特徴をユーザー目線で、必死に調べた時の情報をまとめておきます。ぜひ参考にしてみてください。
あなたに合った借り入れ方法が必ず見つかります。
そして、人生における二度と訪れないチャンスを逃さないでくださいね!

まず、私の場合の結論からお伝えすると、プロミスにしました。
理由はいくつかあるのですが、大手数社を調査、熟考したところ、プロミスが一番サービスが充実していたのでプロミスにしました。

その充実のサービスを3つだけ先にお伝えすると、
・金利が他社に比べて低い
・審査受付時間、即日振込融資時間が充実
・実質的な無利息サービスの日数が長い
他にもあるのですが、主なポイントはこの3点でした。

では、それぞれ大手のサービスをまとめてみますね。
じっくり読んでいただき、あなたにあったサービスを見つけてくださいね。


まずは、SMBCモビット
テレビCMでもおなじみのモビットですね。

申し込み方法は、10秒で簡易審査が可能なカード申込や、
ウェブ間ける申込があります。

来店不要での即日融資であれば、
本審査完了まで30分ですから、お急ぎの資金調達も可能。
しかも、もっと急ぎの方用には、ネット申し込み後に、
コールセンターに電話すると、審査を開始してくれ、

なんと最短3分で審査結果の連絡が来るというから、なかなか驚きのサービスです。


モビットの申し込みまでの流れは以下となります。

1. モビットのホームページに行き、
2. 申し込み情報を入力
3. 必要書類をネット、ファックス、郵送で提出
4. メールまたは、電話にて審査結果の連絡
5. そのままネットで契約
6. モビットカードをお近くのロー新で受取
7. 提携ATMで借り入れ

全体の流れがわかると、安心して一つ一つのステップができますよね。

モビットのカードローンの特徴としては、
申し込み資格としては、20歳〜69歳の安定した収入のある人。
なので、アルバイトやパート、派遣社員、自営業でも借りることができます。
金利は、3〜18% 限度額は、審査が必要ですが、限度額は、800万円。

ノンバンクカードローンの顧客満足度が第一位。
利息も日割り計算と良心的です。


次に、アイフル
今回紹介する中では、唯一銀行グループに属していない独自経営のカードローンとなります。

各社最短1時間の即日融資となっていますが、アイフルは唯一、ネットでの申し込み後、
フリーダイヤルに連絡すると、審査を急いでくれると公式にアナウンスしています。

アイフルで借り入れを行う場合の、
ネットでの申し込みから、カード発行・受け取りを行うステップを紹介します。
アイフルの無人契約でんわBOX「てまいらず」を活用する方法となります。

1. 更新ウェブページにアクセス
2. ネットで申す込みを行う
3. フリーダイヤルに電話し審査を急いでもらえるように依頼
4. 審査へ
5. 審査結果回答(電話、もしくはメールにて)
6. 融資実施方法を「カード発行」を選択
7. 受け取り方法を無人契約でんわBOX「てまいらず」に設定
8. 「てまいらず」に行き契約・カード発行
9. ATMで借り入れ

アイフルの場合、ステップ数は多いですが、審査を急いでもらうことができまる特徴があります。急いでいる人には、良いサービスかもしれませんね。

それ以外のアイフルの特徴を記載しておきます。
資金の使い道は、原則自由。融資対象年齢は、原則満69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方となっています。
金利は、モビット同様3〜18% 最大800万円までの融資が可能とのこと。
無利息サービスは、契約日の翌日から30日間。

最後にプロミスさん
消費者金融業界では、とても人気があるカードローンとなります。

冒頭でもお伝えしましたが、私が最終的に選んだのはプロミスとなります。
大きな部分では、それほど各社差異はありません。
多少の表現や差はありますが、審査最短30分とか最短1時間の即日融資など各社がそれぞれのホームページで謳っています。

プロミスに最終的にしたのは、そのサービスが充実していたからとなります。
繰り返しになりますが、
・金利が他社に比べて低い
・審査受付時間、即日振込融資時間が充実
・実質的な無利息サービスの日数が長い
に加え、
・ウェブ完結でのカードレスキャッシング
・振込キャッシングサービスは最短10秒で完了!
・三井住友VISAプリペイドが1000円分チャージ済みで貰えたり
・三菱住友銀行のATM利用手数料無料
・ゆうちょ銀行のATMの利用も可能 などなど

詳しくは、プロミスのサイトで最終確認をしていただきいのですが、
いくつかの消費者金融系サイトを比べてみれば、プロミスの充実サービスは理解いただけると思います。

ネット申し込みから、カード発行・受け取りをするステップを他社同様紹介しておきますね。
プロミスのネット申し込みには2種類あり、「カンタン入力」と「フル入力」があります。
「カンタン入力」は、入力項目数はカンタンなのですが、電話での確認があります。
「フル」の方が手間がかからず素早く申し込みが行える印象があります。
電話で相談しながら申し込みしたい人は、「カンタン入力」でもいいかもしれませんね。

それでは、ネット申し込みからの流れです。

1. プロミスホームページにアクセス
2. 申し込み(上記の通り2種類あります。どちらでも大丈夫です。)
※カンタン入力の場合は、電話でのやり取りがあり。
3. 審査
4. 審査結果回答(電話またはメール)
5. 契約方法を選択(プロミス自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、店頭窓口のいずれか)
6. プロミス店舗に来店(必要書類を持参)
7. 契約書類の作成後、カード発行
8. 契約完了
9. ATMで借り入れ

申し込み方法が2種類ありますが、どちらでも問題ないので、お好きな方を選択してみてください。

それ以外のプロミスカードローンの特徴を記載しておきます。
資金の使い道は、生計費に限るとなっています。ただしこの生計費には、生活費、レジャー関係資金、冠婚葬祭資金、教育資金なども含まれているようなのでご安心ください。
対象年齢は、20歳〜69歳以下の方 本人に安定した収入がある必要があります。
金利は、4.5〜17.8%借り入れ金額によって実行金利が異なるので、あなたが必要な金額での金利の確認を各社にすることをオススメします。
限度額は、〜500万円 無利息期間は、初回出金日から30日間 契約日からではないところが他社と異なるポイントですね。


いかがでしたでしょうか?
最終的に私はプロミスにて借り入れを行いました。
結果的に、資金が足りずに、諦めることはなく、チャンスを掴みました。
あなたも、チャンスを逃し、後悔しないでくださいね!

Copyright © 2018- お金貸してほしいあなたに伝えたいこと